2017年10月03日

横のつながりを持とう

設計者は横のつながりを持とう。
特に住宅産業に従事している人は、横のつながりが希薄だ。互いに受注競争していうからだろう。ゼネコンは仲良くJVだけどね。
木造軸組工法・2x4工法・スチールハウス・軽量鉄骨など、互いに類似点はあるが、皆さん縦割りだ。
それで混構造に興味があるのは不思議だ。
混構造を設計するなら、RC造とS造を設計することだ。決して木造建築の延長線上に混構造があるのではない。
だから、木造の人たちは混構造というと、自分の手から離れて外注することしか考えない。しかも、基本設計からできていない。公表されている参考例が少ないことも理由のひとつかもしれないが、応用力を身につけたら良い。そのためには、構造詳細図をたくさん描いてみることだと思う。
意匠設計者もディテールをたくさん作成してみると理解が深まる。
posted by TASS設計室 at 10:21| 建築士