2017年09月30日

似て非なるもの

木造軸組工法と2x4工法は類似点が多いが、全く別物と考えている人がいる。
面材による耐力壁の耐力は似たようなもので、床は荷重を支持することができ、水平構面のせん断耐力があれば、どのような方法で床を組んでも同じだ。
両者をミックスした構造も成り立つ。
そんなことよりも、2x4工法の反曲点高比0.5の説明をしっかりしてもらいたい。応力図を見ると分かるが、マグサの端部の短期荷重時のモーメントは、断面検定に反映されていない。こんなものは、反曲点高比1.0で計算し、短期荷重時もマグサ端部は支持端としてしまえば良い。マグサの計算では、そうしているではないか。


posted by TASS設計室 at 23:27| 木造の構造計算

年間コストの削減

構造計算プログラムを20本使っていると、けっこう保守費用がかかる。
年会費として納めるものを見直すことにするが、年会費 60,000.の日本ツーバイフォー建築協会は退会する。
会員であるメリットを感じない。
BUS-6/BUS-5が主力なので、SS-3はSS-7にバージョンアップせず放置する。
midas iGen, eGen は、次第に使用頻度を上げてゆく。
混構造の下部構造(RC造/S造)の構造計算はBUS-6を使うことが最も適している。
2x4構造の構造計算は東京デンコーの「2x4壁式」の右に出るものはない。
木造軸組工法の計算は構造システムの「HOUSE-ST1」が良くできている。
posted by TASS設計室 at 16:27| 日記

現用の構造計算プログラム 2017年10月

現用の構造計算プログラム 2017年10月
■ 一貫計算
(01) BUS-6/BUS-5【RC・S・SRC 一貫計算】(構造システム)
(02) BUS-基礎【同上 基礎・杭の計算、液状化の検討】(構造システム)
(03) SS-3【RC・S 一貫計算 制限版】(ユニオンシステム)SS-7にバージョンアップせず
(04) midas eGen
(05) midas iGen
(06) midas Drawing
(07) HOUSE-WL【WRC 一貫計算、保有水平耐力含まず】(構造システム)
(08) 壁麻呂【WRC 一貫計算、保有水平耐力】(東京デンコー)
*何でいまだに壁麻呂か、と言われるが、捨てがたいプログラムである。
平均剪断応力度法で応力計算を行っている。これは壁式構造の基本。

■ 耐震診断
(09) DOC-RC/SRC【RC/SRC 耐震診断】(構造システム)
(10) DOC-S【S 耐震診断】(構造システム)
(11) DOC-3次診断(構造システム)
(12) 壁式診断【WRC 耐震診断】(東京デンコー)

■応力解析、振動解析
(13) DAP【質点系地震応答解析】(構造システム)
   全く使っていない。
(14) FAP-3【任意形状立体骨組応力解析】(構造システム)
   柱の中折れなど、BUS-5 で計算できない部分を検証することが目的。
   しかし、BUS-6ではモデル化できる範囲が広がった。
(15) SuperBuild FEM【FEM解析】(ユニオンシステム)
   スチールハウスの基礎の設計に使うことを考えている。
(16) Free Structure【平面・立体骨組応力解析】
   全く使っていない。
(17) SPACE(フリーソフト、研究用)(名城大学村田研究室)
http://wwwra.meijo-u.ac.jp/labs/ra007/space/index.htm

■ 二次部材、断面計算
(18) MED-3【RC/SRC/S造および木造集成材の断面計算】(構造システム)
   FAP-3 のデータを読み込んで計算する。
(19) KT-SUB【RC・S 二次部材、梁の横補剛の計算】(構造システム)
   二次部材の計算の主力プログラム
(20) RC二次部材【東京デンコーのRC二次部材の計算】(東京デンコー)
   コンパクトなプログラムで、出力が簡易

■ 木造・スチールハウス
(21) HOUSE-ST1【木造軸組工法】(構造システム)
   軸組工法の主力プログラム
   FAP-3 と連動する可能性あり
(22) HOUSE-DOC【木造 耐震診断】(構造システム)
   軸組工法・2x4工法・伝統工法の計算ができ、データの入力方法が面白い
(23) 2X4壁式【2X4 一貫計算、保有水平耐力、基礎、トラス】(東京デンコー)
   2x4工法の主力プログラム
(24) kizukuri-2x4 適用範囲が限られる
(25) kizukuri-steel(ガイアフィールド)
(26) Steel House Checker(ガイアフィールド/C-NET)
(27) KIZUKURI バージョンアップせず

■ 地盤、擁壁
(28) 地盤改良および円弧すべりの計算(フォーラム8)旧バージョン
(29) 擁壁の構造計算(横浜市型)
(30) 小規模建築用地耐力および液状化の検討
EXCELのシェアウェアを改良して使っている。

posted by TASS設計室 at 12:27| 構造設計