2017年02月28日

混構造(WRC + 2x4工法)を一発で計算

2x4壁式は、混構造(WRC + 2x4工法)を一発で計算することができる。
プログラムの機能や使い勝手について注文したいところはあるが、許容応力度計算の範囲なら使える。
最初の構造計画が重要なので、意匠設計者が構造計画を理解してプランニングを行う必要がある。
600mm以上の長さの壁を耐力壁とするのではなく、主要な耐力壁は 1200mm あるいは 1350mm 以上とする。
金物が、どのように入るか考えながらプランを考えることである。
posted by TASS設計室 at 14:06| 2x4工法

2017年02月19日

プリチェックのエラーがあっても、強引に計算するとエラーが無くなる

プリチェックのエラーがあっても、強引に計算するとエラーが無くなる構造計算プログラムがある。
計算後、もう一度、プリチェックを行うと、エラーが消えている。
改善を望みたいが、使い方を工夫すれば、何とか使える。
ここまで読んで、プログラムの名前が分かった人は、かなりの使い手だ。
posted by TASS設計室 at 20:19| コンピュータ

2017年02月17日

2x4工法 6階建て ルート1

2x4工法 6階建ては、ルート1で計算しても良いのではないだろうか。
RC造は、高さ20m まで、ルート1で計算が可能だ。
反曲点高比を 1.0 とし、標準せん断力係数を 0.2 にした場合の許容応力度計算を基本に考える。鉄骨造のルート1のように、標準せん断力係数を 0.3 にするという手もある。
(一次設計)標準せん断力係数 0.2 、反曲点高比 0.5 、短期許容応力度、引抜力が半分になる
(一次設計)標準せん断力係数 0.2 、反曲点高比 1.0 、短期許容応力度、これが標準的な引抜力
(二次設計)構造特性係数 0.3 、反曲点高比 1.0 、終局耐力 = 短期許容応力度の1.5倍、終局時の引抜金物の耐力は短期の1.5倍
耐力の高い耐力壁の場合は、構造特性係数が 0.35〜0.5 くらいになる。

2x4工法の保有水平耐力計算は、反曲点高比 1.0 として応力計算するだけで、DS=0.3 の場合は、許容応力度計算と変わりない計算になる。しいて言えば、終局時の鉄筋強度は短期の 1.1倍なので、基礎梁の検討が異なる程度だ。外力が 1.5倍、耐力が 1.1倍なので、検定比 1.1/1.5=0.7334 以内にすることと、基礎梁の端部にヒンジが生じないことを確認することが加わるだけだ。
保有水平耐力時の外力を、短期許容応力度以内で満足してしまえば、それも良い。
極論すれば、1G の水平力を加え、短期許容応力度以内なら、構造特性係数について論ずる必要もない。低層の鉄骨造や軽い建物なら、こんなことも可能だ。

posted by TASS設計室 at 22:09| 2x4工法

2017年02月12日

2x4工法の計算は『2x4壁式』でしょう

2x4工法の構造計算は『2x4壁式』でしょう。
枠組壁工法建築物構造計算指針(2007年)の計算ができるのは『2x4壁式』しかない。
私は、多種多様な構造計算プログラムを使っているので、それらの機能を見比べ、
追加してもらいたい機能の追加を開発者にお願いしている。
ユーザーが少ないため、使い込みが不足している。
kizukuri-2x4 で、保有水平耐力計算を行っている人もいるが、かなり無理している。
posted by TASS設計室 at 18:18| 2x4工法

枠組壁工法建築物構造計算指針(2007年)改定予測

枠組壁工法建築物構造計算指針(2007年)改定予測
軸組工法と比較すると、2x4工法も下記の計算を、しっかり行うことになるかもしれない。
・水平構面の検討
・梁の上に耐力壁が載る場合の、壁耐力の低減
・偏心率の計算
・引き抜き金物の検討
・反曲点高比0.5 に関する説明
・耐力壁の壁長を開口端部までとすることができる

posted by TASS設計室 at 02:35| 2x4工法

2017年02月11日

構造形式

今まで設計した構造形式である。
・RC造
・SRC造
・S造
・WRC造
・木造軸組工法
・2x4工法
・アルミニウム合金造
・補強コンクリートブロック造
・HPC造
・軽量鉄骨造
・スチールハウス
・混構造(RC+木造、WRC+木造、S+木造)
・平面混構造(RC+木造、RC+S)
・異種構造の平面的組合せ(X方向S+Y方向2x4工法)

平面的な異種構造に注目している。
その際の設計方法として、耐震診断(RC造・S造)が参考になる。
posted by TASS設計室 at 23:01| 構造設計

木造の業界は、非木造の技術者を採用しよう

木造の業界は、非木造の技術者を採用しよう。
建築構造の基本は RC造・S造 である。
「木造は特殊で、他の工法とは異なる」と言う人がいる。さらに「2x4工法は特殊で、軸組工法とは異なる」と言い出す人もいる。そんなことを言い出すのは、よほど基礎学力のない人ではないかと思う。
木という材料の特性を理解することは重要だが、それ以前に、共通する多くの知見が存在する。それらを学んだ上で木造(軸組工法、2x4工法)の構造設計を行うことだろう。
posted by TASS設計室 at 22:50| 建築士

CLTのコストパフォーマンス

CLTのコストパフォーマンスは如何なものか、興味深い。
準耐火構造なら、木製パネルの現しでも良いが、被覆してしまう場合は、せっかくの素材が活かされない。
CLTという素材は、RC造やS造の耐震補強に用いることもできる。軽量で面内剛性が高いので、フレーム構面内に設ける耐震壁として、かなり効果的だ。
posted by TASS設計室 at 21:53| 構造設計

緑本と新グレー本

通称緑本、枠組壁工法建築物構造計算指針と新グレー本(軸組工法許容応力度設計)を比較すると、検討内容にズレがある。一定の条件の下で、検討を省くことができるが、厳密に適用されていない場合もある。
注目すべきは、下記の各項目だ。
・水平構面の検討
・梁の上に耐力壁が載る場合の、壁耐力の低減
・偏心率の計算
・引き抜き金物の検討
コンピュータを用いることが前提となるが、2x4工法でも、これらの検討を省かなくても良いのではないだろうか。
木造建築、軸組工法や2x4工法の業界は、2x4工法以外の構造技術者が参加することが必要だ。
軸組工法と2x4工法を棲み分ける必要もないので、両方まとめて木造とし、
・木造軸組工法
・木造壁式工法
という2つのカテゴリーにすれば良いのではないか。
軸組工法でも、面材の耐力壁を用いるので、両者を区別する意味合いが薄くなる。
2x4工法の反曲点高比 0.5 という部分を見直し、応力計算と断面算定の整合性を図ることも必要だ。
posted by TASS設計室 at 21:48| 2x4工法

2017年02月07日

ネットワーク工事の連絡【2/20〜2/22】

ネットワーク工事の連絡
2/20(月)〜2/22(水)のうちのいずれかの半日程度、ネットワークが使えなくなり、プリンターも使用できなくなります。
コピー機の入れ替えに伴い、ネットワークの切り替えを行います。
その時間帯は、通信手段が iPhone のみとなります。G-mail は使えます。
posted by TASS設計室 at 15:10| 日記

2017年02月03日

CLTが注目されている

CLTが注目されている。しかし、CLTは、それほど普及しないと思う。
CLTをRC造の耐震補強に使ったら面白そうだ。
一方では「鉄」が注目されている。
現場の作業状況を観察していると、更なるプレファブ化が必要なことが分かる。
結局、トータルの建設コストが低く、作業効率の良い工法が採用される。

posted by TASS設計室 at 08:59| 閑話休題