2016年10月30日

「構造設計者不足」

「構造設計者不足」
元の記事は日経とのことだが、このような記事があった。
2008年の記事だが、団塊の世代の定年に伴い、現在は更に悪化している。団塊の世代の人たちは、退社後も定年の延長や嘱託、あるいは独立して仕事を続けている人は多数だ。
82歳の現役構造設計者もいる。建築構造技術者協会の懇親会で毎回お目にかかる。
引用したブログを要約すると
一級建築士は登録ベースでは35万人くらい。
構造系は1万5千人くらい。
そのうち、ある程度の規模の構造設計経験のある
建築士は半数程度でしょうから7000人。
耐震診断の実績のある構造設計者は、
さらに半数くらいだと思いますので3500人。
記事にある4000人という数字は正しそうですね。
この3500人、あるいは4000人というのは、構造計算適合性判定を必要とする設計、あるいは、特殊な設計にも対応する設計者だ。
ここで言う耐震診断は、普通の木造の耐震診断は含まない。
耐震診断断のほうが、設計の自由度が高く、評定委員会で議論するので、工学的に面白みがある。
寺社仏閣など、伝統工法を設計する構造設計者は関西方面に多い。
posted by TASS設計室 at 19:45| 建築士