2018年10月01日

台風でメガソーラーが飛んだことだろう

メガソーラーは建築基準法上の工作物に該当しないので、架台の構造設計に関しても、経済産業省の電力安全課が審査を行う。審査ができる担当者が各支所にいるが、電気設備の一部であるため、設計者は無資格の人が多い。
構造力学のできない人が設計しているため、技官との話しにも支障をきたしている。
現場は造成工事を行うため、土木の施工管理者が現場を担当する。

建築基準法を適用しないが、構造体の設計には鋼構造設計規準や基礎構造設計指針など、建築に関する規準が適用される。しかし、単なる許容応力度設計であるため、建築物の構造関係技術基準解説書は適用しなくても良い。
アルミニウムが使われるので、材料の許容応力度に関しては、アルミ規準を適用する。
つぎはぎだらけの設計規準だが、外力は JIS C 8955 で定義されるので、いちおう体裁は整っている。

一つ一つの規模は小さいが、全体の面積が1km2 もあるものも少なくないので、構造設計に関して、それなりの資格を持つ設計者が関与することが必要ではないだろうか。
設計基準を甘くしたいなら、畜舎の設計に適用する告示474号のような緩和基準を作ることだろう。畜産業界が主導して作られた告示だが、これは良くできている。
植物工場にも適用したいくらいだ。肉は良くて、野菜は駄目なのか、と話したことがある。
植物工場の栽培棚に関しては JIS で規準が定められており、建築物に該当しない。

posted by TASS設計室 at 14:51| 構造設計

2018年09月21日

9月14日付にて、2015年版技術基準解説書に関する追補

9月14日付にて、2015年版技術基準解説書に関する追補、正誤及びQ&Aが
ICBA(建築行政情報センター)のHPに公開されています。
https://www.icba.or.jp/kenchikuhorei/
posted by TASS設計室 at 03:50| 構造設計

2018年09月12日

構造計算プログラムの裏技

2x4壁式を使っているが、何度データを入れ直しても床の配置が直らず、「閉鎖領域になっていない」というメッセージが出て計算が中断してしまう。
ファイル → 床位置リセット
で配置が修正されることが分かった。
その他、データチェックで、重要度の高いエラーが出ても、無視して計算すると、エラーが直っていることがある。「何とかとハサミは使いよう」だが、機能が豊富な2x4工法の構造計算プログラムは、これしかない。
もう一息だ、東京デンコーさん。
posted by TASS設計室 at 09:59| 木造の構造計算

2018年09月10日

構造計画は無理しないこと

構造計画は無理しないことである。
うちは、2階にLDKがあり、吹き抜けの左右で建物が分かれているが、軒天や天井面、廊下で水平構面を形成している。
水平構面の耐力が不足する場合は、天井面にも合板を貼るなど、水平構面の耐力を上げることを考える。
地下室を設ける場合、天井面を木造にしたがる人がいるが、壁式鉄筋コンクリート造とするので、地下室の天井面はRCのスラブにすべきだろう。3層の建物になるからである。


posted by TASS設計室 at 01:55| 木造の構造計算

2018年09月02日

打合せ記録を書く

打合せ記録を書くことができない人を観察すると、言葉を知らないことにある。
メモをとりながら話しを進めるが、自分が記録係りに徹するときは、WORDでメモをとり、会議の終了時に関係者にメールで配布する。
そんな時は、同席する人のポケットWi-Fiを使わせてもらい、メールで送る。
posted by TASS設計室 at 13:40| 建築士

2018年08月03日

メガソーラーの架台の設計

アルミのメーカーなどが、メガソーラーの架台の設計を行っている。
基礎や造成は土木の会社が行うが、分離発注のため、連携がとれていないこともあり、審査する経済産業省の技官は苦労しているようだ。
建築確認よりも、法的に強制力が弱いらしく、法に基づいて厳格に指導することが難しいと聞いている。(やり方だと思うが)
現状では法的に工作物に該当しないので建築確認も必要ないが、構造計算適合性判定の対象にしたら面白いと思った次第である。任意の適合性判定という道はある。
posted by TASS設計室 at 12:33| 構造設計

2018年07月27日

FAPを使う人が増加

FAPを使う人が増加したように思える。
その理由は、構造力学が出来ないなら、何でも解析ソフトで計算しているのではないかと思う。
仮定条件が不適切でも、FAPで計算すると、それなりに応力が求まる。
電卓を叩いて検証できなければ、結果を妄信するしかないだろう。
posted by TASS設計室 at 10:36| 構造設計

2018年07月25日

不適切なモデル化で、不安定構造になることに気づく

不適切なモデル化で、不安定構造になることに気づくことが必要だ。
何で最初に気づかなかったのか疑問である。
定性的に理解していないことが原因だ。
posted by TASS設計室 at 11:41| 構造設計

2018年07月20日

木造の耐火構造

木造の耐火構造は,どの程度普及するだろう。
耐火構造というと、RC/SRC/S造が一般的で、信頼性もある。
建物をリフォームする際に、スケルトンにして内外装を取り替える場合にも、RC/SRC/S造は対応しやすい。
木造建築は、準耐火構造なら大いにメリットがある。
posted by TASS設計室 at 19:10| 木造の構造計算